エブリスタ
女郎花さん [「まんが馬鹿一代 」へのレビュー]
2016/12/5
(応援)
漫画家を目指して田舎を飛び出し上京したという、作者様自身の自叙伝小説です。

多少の脚色箇所があるのかどうか……それにしても転びに転んだ「漫画馬鹿」人生、そろそろ終盤かとおもいきや……まだ先があるようで、読み手側としては面白可笑しく拝読させていただいてはいるものの、ふと自分のこととして思い返してみて、ここまで自身の半生を痛い部分を前面に押し出して赤裸々に描けるものかと、驚異と感動の目で更新を追っています。

はい、無理です、私なら(;^^)……

また、そういったことを綴るにしても、ただただおもしろおかしくバカバカしく、あほ丸出しに書くのではなく、語彙も豊富に堅い文章で描いているからこそバランスもとれていて、物語に深みも与えていると思います。

さて、物語の主役(作者様)のその後の人生はいかに!?
ついに「今嫁」!?が登場しております!?
コメント(2)

このコメントへの反応

関連リンク