みんなで作ったおすすめ作品特集

12月初旬にレビュー募集させていただいた「第2回みんなで作るおすすめ作品特集」が完成いたしました!ご参加くださったレビュアーの皆さま、誠にありがとうございます。
掲載作品はもちろん、抜粋したレビュー文章も合わせてお楽しみください♪

特集でご紹介できなかった作品とレビューは、数作品ピックアップし、エブリスタの公式ツイッターに掲載させていただきます。こちらもチェックしてみてくださいね!

SNSで特集情報をお届けします!

LINE@エブリスタ公式アカウントはじめました!!

イチオシ作品

Rough Mix

著者:Nuno

Rough Mix

ああー毎日の楽しみが終わってしまったー!!イケメン高校生・伊藤尚哉率いる個性的なバンド、3-fakeと、オタク気質のこれまた個性的女子高生花音ちゃん、そしてダースホース武井(笑)の物語、とても楽しく拝読いたしました。『バンド』が中心のストーリーでありながらも、様々な裏テーマを含んだ本作品は、さらさら読み進められるカジュアルな文体なのに、読後に色々考えさせられます。/京元さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

ミステリー

片端の花嫁

著者:ありす

片端の花嫁

繊細で高逸なアトモスフィアに包まれながら、引き込まれるように読ませていただきました。妖しい輝きを放つ小さな宝石のように散りばめられた伏線もお見事。謎が解けた刹那、心が奪われるほどの答えの美しさに詠嘆。叶えられなかった切なくひたむきな想いに胸を打たれました。愛されずに愛し滾る心が引き起こす巧みなミステリー。とても素敵です。/しまさん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

夕刻、五時の鐘がなったらおうちに帰ろう。

著者:天田流海

夕刻、五時の鐘がなったらおうちに帰ろう。

2人の主人公の視点から書かれていて、交互に展開する話がとても面白いです。絶妙な伏線があり、それが分かった時の爽快感が半端じゃありません。謎が謎を呼び、最後には1つに纏めてあり、とても楽しめる作品です。この作者様の次回作も楽しみで仕方ありません!/*ししゃも*さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

青春・友情

Rough Mix

著者:Nuno

Rough Mix

ああー毎日の楽しみが終わってしまったー!!イケメン高校生・伊藤尚哉率いる個性的なバンド、3-fakeと、オタク気質のこれまた個性的女子高生花音ちゃん、そしてダースホース武井(笑)の物語、とても楽しく拝読いたしました。『バンド』が中心のストーリーでありながらも、様々な裏テーマを含んだ本作品は、さらさら読み進められるカジュアルな文体なのに、読後に色々考えさせられます。/京元さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

NOISE

著者:lime

NOISE

この作品は読まないと損です。今、更新が待ち遠しい作品の一つです。冒頭から、読み手は一気に腕を引かれてこの物語に引き込まれます。丁寧な描写は映像を見ているようです。出てくる登場人物たちはどれも個性的で、すべてのキャラクターが抱える謎がこれからどうなるのかワクワクします。まだ完結されていないので、詳しくは私同様読んだ方が味わえばいい。作者様の完成度の高さに羨望します。/
清水 誉さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

虚色けせらせら

著者:和久井要@更新ゆっくりめ

虚色けせらせら

この作品は文句無しに面白い!設定や構成は勿論ですが、文章も綺麗で読みやすく話に入り込めます。
市川空良は女子校に通いながらモデルを続けている。しかし、実は男だ。身も心も男ではあるけれど、ある理由でモデルを続ける為に女の子として生活している。絶対にバレてはいけないというハラハラと、後に出てくるもう一人の登場人物の淡い想い。
是非読んでみて下さい。途中からグッと引き込まれる瞬間があるはず!/KAORU【休眠中ネーム】さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

異能力

青流転

著者:本宮 瞭

青流転

凄い作品だ!作者が高校生のメンズだと!?
作品の主人公は女の子。確かに、1ページ目は所見にはちと重いやも?けれど10ページ!読んだら結末まで一気の作品でも有る。これを高校生が書いた?次世代の活躍に期待が止まらない!何て作品だ!/妄想母←←←あけ口さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

異世界

ひよっこ神様異世界謳歌記

著者:mio

ひよっこ神様異世界謳歌記

とにかく、主人公の幼女(中身はJK)が可愛いに尽きます!異世界に幼女として転生してしまった彼女。和風ファンタジーの世界で、ほのぼの日常を過ごす、思わずにやける作品です。周りがイケメンばかりで逆ハーレムな筈なのに、全くその気配が無いところも好き(笑)/青空(ガラケ民族)さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

大人の恋

S.N.S.~selfish.need.space.~

著者:沢市さとみ

S.N.S.~selfish.need.space.~

SNSは誰しも何かしら使っていると思います。そんな身近なものをテーマにしているので、共感する読者も多いでしょう。身近なツイッターを題材にしているからだけではなく、登場人物の描写が上手いからだと思います。
鋭い視点からの描き方。これは、作者様にしか出来ない手法のようにも思えます。たまに、針で刺したように、ずきっと痛む。そう来るのか…と、唸ります。/あめさん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

first moon.

著者:ゆえ。

first moon.

大人の恋人達の、ホワイトチョコみたいなラブストーリーです。まず、近藤さんのスウィートぶりが甘々ホワイト♪こんなカレシが出来たら、月子さんじゃなくても困ってしまうでしょうw基本、スウィートなホワイトチョコをいただくようなラブストーリーですが、あくまでも大人向けのチョコレート。時折ビターな、大人の現実の元に物語は進行していきます。
そのリアル感がまた、大人なワタクシ達にはたまらないんですよね♪♪/双葉あきさん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

シンデレラは嘘をつく

著者:菊池 策

シンデレラは嘘をつく

大人の格差恋愛の物語。シンデレラは嘘をつく。それは魔法が解けないように。このご時世、身分の差なんかないですが、本作のような格差を感じながら生きている人は少なからずいるんではないでしょうか。(恋愛に限らずね)その心情をうまく恋愛物語に重ねた作品だったと思います。/ぽぽあっと(ポポデミー賞開幕!)さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

ラブコメ

甘い傷の数だけ夢は連なる──

著者:13kid

甘い傷の数だけ夢は連なる──

シリアスな、心からの叫びを訴えるようなお話ですが、随所に散りばめられたユーモアにハマり、ページをめくる度に笑ってしまいました。
作者様のお話は、心に直接語りかけてくるような、文芸的な表現でいらっしゃいます。言葉遊びのような表現の数々。それを紐解きながら拝読するのも、楽しみのひとつではなでしょうか。素敵なお話でした。/あおい 千隼さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

歴史・時代

恋と鬼のモノガタリ

著者:梅虎

恋と鬼のモノガタリ

梅虎さんの作品は、情景が綺麗です。妄想族にはハマリます!また登場人物が魅力的!!どの方も、スッゴク味があります。個人的に、新撰組では斎藤一はん、長州では入江九一はんが気になる者ですが(あくまでも私ド素人の歴史音痴・無学者成の…)梅虎さんの世界(作品)で近藤はん、桂はんにニヤリとしてます(^ω^)何時もいつも、笑い・涙・妄想ニヤリ 本当に本当にありがとうございます(*^-゜)vThanks!/がつ子さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

ホラー

ダウト

著者:月花

ダウト

ホラーだけじゃないミステリー要素も大きい作品です。童話の原作を元にした、ゲーム敗者に科される罰という発想も面白いです。過去の事件や、ネット上の噂などが関係しているのかと思わせる伏線があり、先がどうなるのか気になります。
また、集められた高校生たちの間の恋愛や友情、過去の出来事も複雑に絡んでいきそうな予感がします。様々な謎の絡み合う読みごたえのある作品です。/ジーさくさん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

BL

いっそ、まかり通らん!

著者:長谷川 渉 J庭ち13b『ぴよこ饅頭』

いっそ、まかり通らん!

高校が舞台なので、剣道に打ち込む男子の青春ものとしても楽しめるのですが、貴船を恋愛対象として意識し始める西園寺の心の葛藤が丁寧に描かれていて、もちろんBLものとしての萌え要素もたっぷり楽しめます。読んでよかった!と心から思える作品です。「もう少し読みたい!」と思うところで終わっているので、そこは続編にてウキウキ楽しみたいと思います。/菊市香さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

咲くかもしれない

著者:キュー

咲くかもしれない

貴俊の心情が、蜘蛛の糸のようにきめ細やかに書かれています。一読者として、時に切なく、やるせない思いに駆られ、励まし、最後は貴俊の背中を見つめました。このお話は、甘く切なく恋をする主人公が、社会という枠組みに悩む青春の物語です。『誰にも知られたくない でも誰かに知って欲しい』本文での貴俊のリアルな心情。きっと世の誰にでも当てはまる思い。/河内はろん(季驤)さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

ノンフィクション

まんが馬鹿一代 

著者:哀川遼之介

まんが馬鹿一代 

漫画家を目指して田舎を飛び出し上京したという、作者様自身の自叙伝小説です。
ここまで自身の半生を痛い部分を前面に押し出して赤裸々に描けるものかと、驚異と感動の目で更新を追っています。はい、無理です、私なら(;^^)……。また、そういったことを綴るにしても、ただただおもしろおかしくバカバカしく、あほ丸出しに書くのではなく、語彙も豊富に堅い文章で描いているからこそバランスもとれていて、物語に深みも与えていると思います。/女郎花さん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

くらし

おでんの海

著者:でん

おでんの海

楽園と書いて『オデン』と読む。この作品の世界観は、まさにそんな感じです( ☆∀☆) 気づいたときにはすでに遅し。頁を捲ったが最後でん聖の産み出す、だし汁の大海原から、もはや、逃れる術はない……!!願わくはでん聖これからも、でん説を作り続けてくださいっ……!!(*´∇`*)/ンバさん(レビュー全文) ( 作品詳細 )

回文集

著者:酷似

回文集

こ、これは一体何なんだ!回文?怪文でしょうと突っ込みを入れたくなりました。こんな奇妙な作品がエブリにあるなんて。大半は下らないのだが大人から子供まで肩を張らずに笑いながら読めてしまうし、その厖大な数量にただただ驚愕し仰天してしまいました。ありきたりの小説に飽きたり、もの足りなさを感じたなら騙されたと思ってこの作品を読んでみて下さい。凄い!脱帽。/傘もささずにさん(レビュー全文) ( 作品詳細 )