このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

銀伯

小説 歴史・時代

銀伯

ラン

――慶東国。ここにある者が呼ばれた。……後に銀伯と呼ばれる人物である。

休載中

162ページ

更新:2010/11/03

説明

「――この姿でははじめまして、ですね」


ある女性が陽子と出逢い、その人柄に惹かれ臣下となる。

だがその女性は何百年も前に此方に来た山客だった――!?

彼女は陽子の前に跪き、一生貴女に仕えると誓う…。






いまさらですが、十二国記のオリジナルありの夢ものです。

物語の中心は風の万里 黎明の空辺りからです。そこから二人の出逢いなども語って行きたいと思っています。



?Y二次ものが苦手な方はすぐ帰った方がいいと思われます。十二国記を知らない方もです。
誤字、脱字の方はの方に書き込んで頂けると直します。読めない漢字等がありましたら気軽に聞いて下さい!



レビューもファンも募集中ー

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ランさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません