眠り姫のお茶<第2話 恋ごころ。>

コミック

眠り姫のお茶

眠り姫のお茶<第2話 恋ごころ。>

木村太佑

目が見えない僕と、耳が聴こえないアナタ。僕らを繋いだのは、ある『香り』だった。 徐々に近づくフタリ…

完結

53ページ

更新:2010/09/22

説明


目が見えない僕と、耳が聴こえないアナタ。僕らを繋いだのは、ある『香り』だった。

徐々に近づくフタリの恋。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

木村太佑さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント