このページのリンクアドレス

エブリスタ
萌ゆる想いを、この花に(comic版)

コミック

萌ゆる想いを、この花に

萌ゆる想いを、この花に(comic版)

奈倉まゆみ(heiko)

(7)

花に込めた萌ゆる想いの行き先は

完結

25ページ

更新:2017/02/08

無料

説明

寸止めラブ愛好会・第3回テーマイベント
『赤と白―萌える赤と静謐な白が織り成す恋―』[リンク]コラボ企画☆[チームC]作品
きたむら慧さん[リンク]と主人公を入れ替えて、同じストーリーを描いています。☆小説版:[リンク]☆

コミック版は、小説版と合わせて読んでいただくことで、二度楽しめるように工夫してます。
慧さんのあまい描写に負けませんように。

**********


時は、平安時代。
花形の官職、蔵人所(くろうどどころ)の先輩と後輩。

源建(みなもとのたける)と藤原光成(ふじわらのみつなり)。

そして美女と評判、撫子(なでしこ)の君。

それぞれの想いの行き着く先は?



――あなたへの萌ゆる想いを、この花に――


**********

※今までの著者の作品に比べると、刺激的なシーンがありますので、ご注意下さい※

この作品のタグ

作品レビュー

巴世里
巴世里さん
【作品】萌ゆる想いを、この花にについてのレビュー

(応援)
寸止めラブ愛好会によるコラボイベントがまた一つとんでもない傑作を生み出しました!

きたむら慧さんの小説を原作に登場人物の視点を逆転させてコミカライズしたこの作品(単なるコミカライズでは無く、かなり原案にも絡んでいると聞いておりますが)heikoさんの新たな一面を見せてくれました。

月光の射し込むお屋敷、そこに忍び込んだ主人公『建』が見つけたのは、何度も文を送った愛しの君の寝姿!?
雅やかな衣装、見事な背景、そして散らばった薔薇の香りが画面から匂い立って来るような描写。

ジタバタと悶絶しそうな艶やかな平安恋絵巻です。

きたむら慧ちゃんと言えば、美しく仄かに官能的な描写を思い描く方も多いと思うのですが、heikoさんはコミカライズは相当難しいと思われるその世界を見事に絵で表現、その上持ち味であるクスッと笑わせるようなギャグが要所要所で効いていて心憎いばかりです。

その上オマケの四コマ漫画付き!!

お二方のコラボから生まれたこの作品は間違いなくheikoさんの代表作の一つとなるでしょう!

このコラボを提案してくれたMARIちゃん!本当にありがとう(//∇//)

heiちゃん連載お疲れ様でした!
素晴らしい作品を読ませて頂いてありがとうございます。

兎に角、建が撫子の君を組み伏し薔薇の花びらを一つ一つ唇で食む場面のエロさと光成のイケメン振りにはやられました!!
それに頭の中将のまさかの意中の人にビックリ(≧∀≦)

(6/3すいません誤字を直しました)

もっと見る

2017/06/03 11:56
コメント(5)

奈倉まゆみ(heiko)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント