エブリスタ

イベントコメント一覧

いも
いもさん
【作品】導き星の行く先へについてのレビュー

ネタバレ

 読ませて頂きました。
 繊細な言葉が、丁寧な表現を心掛けているのだろうと好印象を与えます。静かではありますが機械的でなく、作者に喋らされている不自然さも無い、きちんと人物が話している言葉でした。自分はこういった文章を書くのがとても苦手でありまして、大変参考になります。
 気になる点を挙げるとするならば、話の展開に波を持たせてみる事でしょうか。
 『時間や日々の生活に追われ、次第に大事なものを忘れていた主人公』という鍵を、いかにドラマとして見せる事が出来るかと言いますか。忘れていたのを「忘れていた」と言葉で説明してしまうより、日々に追われている様子などで説明すると、より内容に厚みと言いますか、リアリティが増すような気がします。そちらの方が忘れてしまっている感を、より強く出せると言いますか。
 そういう話の核に触れるような言葉を使うタイミングを、ギリギリまで取っておいて、主人公が走り出したぐらいから「忘れていた」と初めて使ってみるのも、より話を盛り上げる事が出来るのではと思います。読み手によっては「これは作者が使いたがっているな」と、言葉選びで先の展開を読まれてしまう事があるので、利用すれば読み手を驚かせられる武器にもなるので、言葉の配置に意識を置いてみるのも、よいのではないでしょうか。
 ――って、何か偉そうな感じになってすみませんね!? でも、何か挙げるとするならばこのぐらいです。誤字脱字もありませんでしたし、読みやすい文章なので、手に取って貰いやすい話だと思いました。もし私が書いたものにレビューを下さるなら、もうこんな感じにビシビシ書いて下さって構いません。私の方がよほど癖のある文章ですし……。
 兎も角。読ませて頂きまして、ありがとうございました。執筆頑張って下さい。

もっと見る

2017/05/21 14:25
コメント(1)