このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

銀色の瞳

小説 ファンタジー

銀色の瞳

モジャ

絶望。その先にあったものは―

休載中

282ページ

更新:2011/10/03

説明

※戦場の演奏者の楽器をチェロ⇒コントラバスに変更しました。
私のミスです。
すみません…。

主人公最強設定です。

最強の主人公が女の子ってのもありじゃない?!
ってことで書いてみました。
学園もありますが、あまり長居はしないつもりです…。

―――――――――――

舞台は魔法がある世界。
そこでは「人間」と「魔族」が壮絶な戦いを繰り広げていた。

「人間」を憎み、滅ぼそうとする「魔族」の中に唯一、平和を望み、人を愛する魔女がいた。


―しかし、彼女はその世界をその目で見ることなくこの世を去った。

愛する者たちを残して―

―――――――――――

※すいません、更新不定期です…。
※作者は素人です。
あまり期待はしないで下さい。
と、言うか最後まで書ききれるかかなり心配です…。
主人公が途中で代わったらごめんなさい。

誤字・脱字、その他なにかありましたら教えて下さい。
よかったらレビューもして行って下さい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません