このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

こうもりと夜の月

小説 ファンタジー

こうもりと夜の月

ひなこ

古臭い廃虚に偶然足を踏み入れた俺が出会ったのは……羽の生えた『彼等』だった。

休載中

150ページ

更新:2010/08/18

説明

昔から
そこにあった
廃虚の中で
出会ったのは




かなり怖がりの
『吸血鬼』だった



「あなたは僕が怖くないんですか?」



「いや‥むしろこんな怖がられた後じゃ怖がる気になれないってゆうか‥」



そんな彼が
探しているのは
『親友の体』
だという……



非現実が
俺の日常に
なっていく




「まっこんなのも悪くないか」




吸血鬼と
人間の友情と
『狂求血者』との
戦いの日々が
始まった。




今まで知らなかった
世界が実は身近に
存在している――…











…………………………

全くのど素人なので、
文がおかしい

誤字脱字激しい

脈絡とかいろいろよくわかんない


などあると思います。


気がついて
お手数でなければ
ご報告お願い致します。



あと随時おかしい所は編集していきますので、見るたび文が変わっているかもしれません。ご了承下さい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ひなこさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません