このページのリンクアドレス

エブリスタ
王様ゲーム-臨場-

小説 ホラー・オカルト

王様ゲーム-臨場-

ぱっくんちょ

(3)

触れてはいけなかった

完結

333ページ

更新:2010/11/24

説明

王様ゲーム本編、エブリスタにてコミック配信中
[リンク]

30万部突破本当にありがとうございます

王様ゲームに隠されたもう1つの過去。

奈津子が経験したもうひとつの王様ゲーム。

命懸けのゲームに逆らう少女達。


「ねぇこんな噂を聞いたことない?」

「何?」

「夜0時になると、突然メールが送られてくるようになって、それに書かれている命令に従わなかったら罰が与えられるって噂。罰は──死」


「決してそのゲームからは逃げられない。逃げる方法は一つ」

臨場──ある物事の行われてる場所にのぞむこと。


P31の章「もう一つの過去」から視点、主人公が変わっております。

※注意
続編ではありません。しかし繋がりがあります。

王様ゲーム→終極→臨場→滅亡の順をお薦めします。

■ネタバレ禁止
一部、年月の変更による時系列のミスがあります。

書籍化情報

書籍名:王様ゲーム 臨場 (双葉社ジュニア文庫)

出版社:双葉社

発売日:2016/3/16

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

本乃千頁@皆さまありがとうございます
本乃千頁@皆さまありがとうございますさん
【作品】王様ゲーム-臨場-についてのレビュー

ネタバレ

呉広高校が懐かしいです。僕が滑った男子校ですが、ヒロインも凄いですね。

広島→岡山に24時間以内に人口総移動となると徒歩、バス、電車、新幹線、飛行機、船…あらゆる交通手段を使用しても交通網が麻痺して大半の広島県民が悲惨な事になる筈ですが、

ヒロインはまるで瞬間移動でもしたかのように何の苦労も無く岡山に移住しているねは流石だと思いました。

出来ればどういうトリックを用いたのか解説などがあればお話も盛り上がったと思います。

それと移動後の住所や職場の処置や、移動出来ない人はどうすればよいのかその辺の具体策があればと。

移動出来ないんだから、必然的に命令には従えませんしね。命令に従って欲しいならどうすれば実行出来るのかヒントが欲しい所です。

犯人は多分、現岡山県民じゃないですかね。自分が広島にいると自分も移動する必要がある。岡山で待てば移動した人間を確認出来る。そして県民の総人口を把握しているという事は、恐らく県庁。そして呉広高校の卒業生である。

現段階では其処までの推理ですが、まあ楽しい作品だったんじゃないかなと思います。

もっと見る

2015/07/04 19:22
コメント

関連ページ

ぱっくんちょさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません