このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

流星~星の王子様~

小説 恋愛 ラブコメ

流星~星の王子様~

月星翼

白馬ではなく、流星に乗って現れた王子様?

休載中

47ページ

更新:2014/09/24

説明

深夜、一つの流星がナチュラル国へ流れ落ちた。山に落ちた銀色の星から現れたのは--

「キュピピピー」

謎のクラゲ。
不思議な縁で出会った少女に飼われてしまう(?)
顔がないからと少女に傘へ落書きされてしまう。

「眉は凛々しく、目は鋭く、口は可愛く…」

あっという間にクラゲの頭にペンで描かれた顔が出来る。クラゲが照れて、描かれた人間の顔が照れているように見えた。

「姫、そんな人間はいません!」


そんなナチュラル国のお姫様と謎のクラゲ、そして、青年。
三人の話--


【表紙イラスト:黒猫工房様[リンク]】

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

月星翼さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント