このページのリンクアドレス

エブリスタ
『ひかる川の自然堤防』

小説 その他

『ひかる川の自然堤防』

☆コパン☆彡

 小説祭応募用でした。

完結

41ページ

更新:2010/04/09

説明

 桜が散り始めた頃。帰宅途中だった曽根川ひかるは、一冊の本を拾う。
 
 その本には、幼なじみの名前が印刷されていた。
 
 
 
 
 
 
 
 小説祭応募用……だったんだけどね。
 
 
 ある作家先生を意識して書いたので、気づいた人は「〇〇臭がする(笑)」とでも書いてやって(許して)ください。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません