このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

刻まれし傷

小説 歴史・時代

刻まれし傷

瑪瑙

たとえこの体がボロボロになったとしても、貴方の命は私が守ります…

休載中

112ページ

更新:2012/05/23

説明

人にはない特殊な能力を持って
生まれた“朔夜 煉(サクヤ レン)”は、ある日、幕末へとタイムスリップした。


平成の世では様々な人に利用され忌み嫌われてきた煉。


しかし、幕末の“新撰組”の元で暮らすうちに少しずつその心を開いていくのだった………


――――――――――

※完全なる自己満作品&フィクションです


※初心者なんで全体的に駄文ですグダグダです

初めてなので展開が早すぎたり、ノロノロと遅すぎたりします(x_x;)


それでも目を通してくれた
読者様…


ありがとぉございます

精一杯頑張って書きたいと思いますので、どぉぞよろしくお願いします(*^∀^*)


※しおりをはさんでくれている皆様には申し訳ないのですが、常に気まぐれ更新です
「早く更新しろよ」と苛立つかもしれませんが、温かい目で見守っててください(。・_・。)ノ

※アドバイスや誤字・脱字があったら、どんどん言っちゃって下さい

ちょくちょく直して行きたいと思いますっ!!


※表紙は友人のぶらうんから頂きました☆

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません