このページのリンクアドレス

エブリスタ
二十五時

小説 ファンタジー

二十五時

如月 蛍

国を盗む。正義じゃない、これは覚悟だ。

完結

248ページ

更新:2012/06/01

説明

ただ生きたかった。
それだけだった。




大国『霞』
世界の中央にある最も巨大な先進国。

その国の中で起こった、内乱。
内乱は憎しみを生み、憎しみは更なる内乱を生んだ。

収まりを見せず拡大するばかりの内乱の最中、軍人である1人の少年が軍を抜けた。

軍を抜け、少年が訪れたのは、盗賊団『ヒロイズム』


国を盗む盗賊団
国を護るべき軍。

それぞれがそれぞれの信念を持ち、願いを抱え――――武器を握る。








翠(スイ)
白百合(シラユリ)
庵(イオリ)
小菊(コギク)
霧(キリ)
蓮華(レンカ)リーダー
快斗(カイト)マスター
月夜(ツクヨ)一等尉官
碧音(アオネ)准軍尉
嗣縞(シジマ)三等佐官
燈冶(トウヤ)

P38にて軍の階級説明あり。参考にしてください。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

如月 蛍さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント