このページのリンクアドレス

エブリスタ
冷たい指先に

小説 恋愛 純愛

sweet home children

冷たい指先に

海月

学校帰り、「ちひろ」が拾ったのは…同級生の「幾也」

完結

294ページ

更新:2012/02/22

説明

君だけ切り取ったように光って見える

冷たい光に私だけほだされていく

君に触れてみたい

痛くても
君が望んでなくても
嫌われても



※後先考えずに書いてるので、改変は削除や肉付け作業をすることになり、結果、全くの別物になってしまいます。
あらかじめ、謝って置きます…
ゴメンナサイ!(屮゚□゚)屮


申し訳ないですが、文才の無い頭を精一杯捻りつつ、がんばります


そして現在改変中…エピソードいれたりとか、心情変化の辻褄合わせをしてます。はい。


この小説は海月の創作ですが、もっと痛々しい事件が現実にありました…
小説は良いようにできても、現実は理不尽で最悪です。
どうしようもなく苦しいですね。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

海月さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません