このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

クズと暗殺者の系譜

小説 SF

クズと暗殺者の系譜

嘘屋

明日は来ない。違った今日が永遠に続くだけ。

休載中

83ページ

更新:2011/04/03

説明

決して心から悪い人はいない。

異能力を持つ彼女はそう思い、思い続けている。

決して他人を信用しない。

裏切りを持つ彼はそうやって生きて、生き続けている。

決して自分を信用しない。

圧倒的な力を持つ少女はそうやって葛藤しながら、葛藤し続けている。


この国は衰退した。

だが世界は変わらなかった。

なぜなら、

この国の主が偏見の地へ追いやられた。

それはこの国が軍閥へと変貌することを意味したからだ。

だがその出来事により彼は着々と準備を整える事となる。

奴が来る。奴が来るぞ。

死者の魂弄び、生者までも地獄へ落とす、鬼畜の輩がゆっくりと。


これは軍閥が崩壊するまでの序章に過ぎない。



この作品はSFクライムコメディとなっておりまする。


わたしはゆめをみません。

わたしはただしんりゃくしゃをでりーとするだけです。

それはこのせかいがわたしたちをみすてたからです。

きょうもまたしんりゃくしゃがきました。

わたしにあしたはありません。

 

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

嘘屋さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません