このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

はくしゅん。

小説 SF

はくしゅん。

とかつき鏡

くしゃみだ。くしゃみから始まった。みんながみんなを、忘れていく。

休載中

12ページ

更新:2010/03/07

説明

僕…?僕はゆらって名前らしい。
人に聞いた事だからよくわからないんだけどね。

そうだね…その通り。
簡単に言うと、記憶喪失…って奴だ。
でもね、まだ僕は良いほうなんだって。
これも聞いた話。

……まあ、いまさら何を覚えてたって変わらないよ。



思い出…か。

それって……本当に良いものなのかな?
君はどう思う?

楽しくて嬉しくて、時々ちょっと恥ずかしくって、……でも、実は哀しくて。
…うん、やっぱりそれは良いものなんだろうね。

でもさ。

どんなに良くても、どんなに悪くても、他のみんなが全部忘れてしまったら?

自分ひとりしか憶えてない過去、なんてさ。
忘れたほうがマシじゃないかな。



……あっ、ああごめんごめん。
わけ分かんない話しちゃったね。
大丈夫、わからなくてもいいんだ。

うん。
わからなくてもいい、…ただね、君には。



忘れないで欲しい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません