このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

桜の國

小説 歴史・時代

桜の國

鼎(かなえ)

艦隊と戦う少女の話。

休載中

78ページ

更新:2012/07/10

説明

その少女は、道具。
列強からの圧力に屈する桜流國に、桜流國の神の一族、勾崎(さきざき)から贈与された人の形をした兵器。


片桐笙子という仮初めの名を与えられ、日々を厭いながら彼女は生きていたが-。


陰謀渦巻く世界と戦う少女のお話。

現在、毎日更新中!


完全なるフィクションです。実在の国、場所、人物、戦艦に関わりはありません。
また、ある程度の謎などを含むため、読みにくい箇所があるかもしれません。
海戦の知識は一応資料などを調べましたが様々な理由により改変した部分が多分にあります。


レビューありがとうございます!
恵銀兎さん
MONOさん
赤井雲さん
秋野風さん
レビュー募集中です!、

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

鼎(かなえ)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント