このページのリンクアドレス

エブリスタ
怪奇談-壱-

小説 ホラー・オカルト

怪奇談

怪奇談-壱-

如月 雨

高校二年の夏休み、それはまさに百鬼夜行だった

完結

157ページ

更新:2012/11/28

説明

二人の自分に神様になった妹に妖怪退治が仕事の幼なじみ

妖怪の多いこの町で主人公の周りで起きる怪奇物語が始まる


お人好しな主人公とその影
「僕は君を助ける」
「俺はお前を助けない」

神に憑かれた妹
「お兄ちゃんの為なら、私は何だってするよ?」

妖怪退治専門の幼なじみ
「妖怪でも悪魔でも神でも、人に害を与えるなら俺は退治するだけだ」









この小説はグロテスクな表現があります
この小説に出て来る怪談や妖怪は実際に存在するものをアレンジしたりオリジナルのものがあります、ご了承ください

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません