このページのリンクアドレス

エブリスタ
マジチェ

小説 ファンタジー

マジチェ

札本英人

「才能が無い」と「認める」ことと「逃げる」ことは違う。境はそのあとどうするか

完結

215ページ

更新:2012/07/18

説明

「人間界」と「魔法界」が「共存協定」を結んでおよそ「20年」経った時代



魔法は生活の中で、過去の「電気」などより遥かに実用化され、当たり前のように使われていた





そんな時代の中で、長い魔法界の歴史でも記録されていない「魔法が使えない」という症状を持って生まれてきた「サジル・ルータ」は、幼い頃家を出た「父親」を探すため「警察官」になることを夢見る




しかし、警察官になるには指定レベル以上の魔法が使えないとなることができないため



サジル・ルータは魔法が使えるようになるために、「日本第二魔法高等専門学校」へ入学した

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません