このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

"奇跡の雫"―藍玉の魔王―

小説 ファンタジー

僕らの話したRPG

"奇跡の雫"―藍玉の魔王―

(>、みんと)

世界は最悪の災厄を目覚めさせてしまった…

休載中

10ページ

更新:2012/03/01

説明

『「……私は何の為に生まれたのか……」』

とある鉱山から偶然発掘された鉱物……

その美しい宝石は空のように澄みわたり、海のような深い蒼を湛えて金剛石も霞む眩い輝きを放つ……

日の下で怪しく輝き、観た者を魅了し……

……全てを狂わせる……


守りたいモノ……
求めるチカラ……

カタチの無いモノをめぐる親と子の悲しき戦い……ここにはじまる……


伊織>
父よ、何故私をこの世に生み落としたのだ……


 ☆ ☆ ☆ 

舞台イメージは江戸時代に洋風ファンタジーをたたき込んだようなイっちゃってる感じです……


スタ〇ウォ〇ズの軸的にいうとエピソード1みたいな感じで…
後に

『リンク:これぞ魔王!?<これが勇者!?
[リンク]』
に繋がって行くはず…

何この厨二W嗤ってやんよっ←

っていう方…

((( >、)
._∧~________.
|....迷惑なことに....|
|...作者が転がって...|
|...感謝の気持ちを...|
|....御見舞いしに....|
|......参ります......|
' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

(>、みんと)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント