このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

       誠の志

小説 歴史・時代

誠の志

サジタリウス

――美月『もう誰も…信じたくない…』斉『俺は裏切らないだから信じてくれ…』ーー

休載中

23ページ

更新:2013/10/09

説明

2XXX年――

美「あんた達は…私の手で必ず……殺す。」




第三次世界大戦が終わってからというもの、町には、人の形をした化け物が出歩くようになり、人々は化け物の事を霊鬼〈レイキ〉と読んでいた……。




少女の名は神城 美月〈カミジョウミツキ〉という。小さい頃から霊鬼を倒している美月は、今では世界最強と呼ばれるほどで彼女に勝てる奴は誰一人としていない……。
仲間は皆、美月を裏切りいつしか美月は誰も信じられなくなってしまった。

そんな美月が突如幕末にタイムスリップし新撰組と出会う。




――――心に闇を持ってしまったせいで『感情』というのを失った美月は新撰組と出会ってから変われるのか――――




成るべく史実にそって書くけど殆どフィクションです
文才が全然ダメなので、よかったら伝言板でアドバイスを下さい(:_;)


こんな人はやめて下さい。
・新撰組が嫌い
・作者が嫌い
・荒らしにきた
・パロ系は嫌


作者は亀以上に更新がおそいです(-_-;)




移動を御願いします<m(__)m>
此方では更新しませんので(┳◇┳)
誠にすみません

次は VALSHEです

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

サジタリウスさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません