このページのリンクアドレス

エブリスタ
八戸DFJブルース

小説 その他

八戸DFJブルース

ピえール

三浦という男の孤独切ないハードボイルド物語

完結

3ページ

更新:2008/02/28

説明

俺の名は三浦。
 
だが勝手に人は俺をDFJと呼ぶ。
 
DFJとはドラゴンフライ・ジャッジメントの略らしい。
 
トンボのように舞い、人間の罪に審判をくだす。
 
それが俺の仕事。
 
しかしさすがの俺でも一人じゃあ無理だ。
 
俺の相棒はアゲハマスク。
 
こいつは無口で、顔をマスクで隠している。理由はわからねぇ
 
俺達2人で今日も華麗に仕事をこなすぜ?U

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ピえールさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません