夢のあと

小説 ホラー・オカルト

夢のあと

朔夜

日常に突然現れる奇怪な物語

完結

101ページ

更新:2012/04/11

説明

大阪のとある町の商店街。その近くのアパートに住む、毎週日曜日に銭湯に行くのが日課の会社員、黒沢雄二。
夏のとある日曜日。その日もいつも通り銭湯に向かっていた。そんな時、商店街で事故を目撃する。そこで、知り合いを見つけ、悪夢にうなされる。目覚めた彼の前に現れたのは―

作者の朔夜です。
初心者で始めたばかりですが、コメントなどをくだされば、改善していきたいと思います。
応援、よろしくお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

朔夜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント