このページのリンクアドレス

エブリスタ
孤独の砂

小説 ミステリー・推理

孤独の砂

憑火

何もなかったかのように世界は再開する

完結

7ページ

更新:2014/02/21

説明

この世界にはある不思議がある。その1つが安直に「不思議な砂」と呼ばれる。


「不思議な砂」は本当に前触れもなく誰にも気づかれずに唐突にそこにあるという。ある時はこうした教室の一角。ある時は誰かの家の一角。電車の一角。都会のアスファルトの一角。


僕の目の前に「砂」は現れた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

憑火さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません