このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ロストチルドレン

小説 SF

ロストチルドレン

唯野誠一

21世紀初頭、日本政府はロストチルドレン法案を議決させた

休載中

31ページ

更新:2012/09/13

説明

 日本は世界に先駆け、遺伝子治療と再生医療の分野で飛躍的進歩を遂げた。その結果、日本は世界に類を見ない、疾病のない成熟した高齢化社会を確立した。
 だが日本政府は、高齢化社会の秩序の安定を図るための大きな課題であった、凶悪化する一方の青少年犯罪を撲滅させるための最終決定を迫られていた。
 時の総理大臣は、声高に国民に訴えた。
「子どもたちは成長していきます。いつまでも貴方に微笑みかけてくれる可愛いい少年少女のままではないのです。でも、もしその子達がいつまでも可愛いいままでいてくれたらどうですか?」
 こうして、ヒトの成長を遺伝子レベルでコントロールするという、ロストチルドレン法案が議決された。
 多くの国民が望んだ通りに。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

唯野誠一さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません