このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

喜跡

小説 恋愛 純愛

喜跡

たぴおか。

(3)

私の人生17歳まで

休載中

136ページ

更新:2014/08/06

説明




「17歳で私は生涯の終わりを告げる」


当時、意味もなく思い書いた言葉。

17歳で私は本当に死ぬのだろうか。





そうじゃなかったのなら、私に何かが起こるのだろうか。

面白い変化だとか、楽しい変化だとか。




平凡に何の刺激もない17年間を送ってきたミコは、ある日転校してきたハヤトと恋におちる。

それは、壮絶で切なく、耐えがたいものだった。


この作品のタグ

作品レビュー

優輝
優輝さん
【作品】喜跡についてのレビュー

ネタバレ

サークルのレビュー依頼からこんにちは(・∀・)ノ

おっとこれは苦手な作風かも!?と思いながらも、何だかんだ最後まで読んでしまいました(笑)
ストーリーとしては、飽きない。良い作品と思います。
個人的好みですがもうちょい楠木くんの家庭事情に踏み込んで欲しいですヽ(´ー`)ノ


気になった点をお伝えします。個人の感じ方なので鵜呑みにせずに他の方のご意見も参考にしてくださいね。

一番目についたのは描写不足です。主に状況の説明。その場に何人いるのか、誰が喋ったのか、いつの間に居なくなったのか移動したのか、等。
例えば初めて楠木くんが家に来てなんかいちゃこら(笑)したシーン、お母さんその場にいるのか??いたらするか?楠木くんのキャラならするとして、それならもっと違う意味で主人公慌てるべきだし。状況が謎でした。
溺れた後の楠木くんのセリフ「乗れよ」えっ何に??車か?免許取れる年じゃないよな。バイクか?いや貧乏なはず!あ、チャリか(((^_^;)て感じで脳内補填。


さて実はレビュー続きがあるんですがどうやら文字数制限オーバーのようです(笑)
珍しくレビューを携帯で書いてるので(普段PC)上手く編集出来ないよ(;・ω・)
というわけでもっすごい中途半端ですが続きはコメントにて(・∀・)ノ

もっと見る

2013/09/04 21:17
コメント(3)

たぴおか。さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント