このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

僕と私の眠り姫

小説 恋愛 純愛

僕と私の眠り姫

がーねっと

輝くような笑顔を見せてくれる君が大好きだった

休載中

5ページ

更新:2013/11/10

説明

俺が大学で出会った彼女は

時に輝くような

時に憂いを帯びた笑顔を見せてくれる

そんな子だった



彼女と日々を過ごしていくなかで、俺は彼女に惹かれていった。



彼女と過ごした宝物のような日々。
それは忘れてしまった子どもの頃のような
キラキラした日々だった。



思う想いは重く募り、俺はいつしか思いの奔流に呑まれていた。






処女作です
拙い文章で、読みにくいかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません