このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

鬼桜伝

小説 恋愛 純愛

鬼桜伝

詩音

千年桜に永遠の愛を誓った鬼と人間の恋の物語。

休載中

119ページ

更新:2012/11/06

説明

かつて、この地方には

鬼を忌み嫌う「陰の国(インノクニ)」

鬼と共存して生きようとする「陽の国(ヨウノクニ)」


そして鬼が暮らす「羅刹の国(ラセツノクニ)」


3つの国が存在していた。


陰の国と羅刹の国は長きに渡り、戦争をしていたが、陽の国の介入によって、100年以上も続いた戦いは幕を閉じた。

その後。

陽の国と陰の国は合併し、「明(ミョウ)」という国を作り、陽と陰との人間が一緒に暮らすようになった。

そして、敵対していた鬼達とも協定を結び、平穏な日々を取り戻していた。

そんな明の国一の歓楽街[艶楽街]。

その街に古くからある雅屋で雑用係として働く少女、さくら。

さくらはある晩、桜の木の下で朱雀という男と出会う。


その男との出会いにより、さくらの運命は大きく動いていく。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

詩音さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません