このページのリンクアドレス

エブリスタ
夏が来るまで

小説 青春・友情

夏が来るまで

どらっくまん

「マホは友達が作れない」薄桃色の唇が紡ぐのは拒絶の言葉だけだった。

完結

224ページ

更新:2012/08/05

説明

あたし達は東都防衛学院二年生になった。
新たなクラスで始まる学園生活のスタート。

映画オタクの変人として学園内でも有名な【眞柴 想一】君と、
眞柴君に付き添う可愛くて憎めない【一三四 善司】君。
そして、あたしは【三琴】ちゃん。大人しくて目立たない普通の女子生徒よ。

一年生の頃から顔見知りであるあたしたち三人は、
遠慮なく何でも言い合える仲良し……もとい、腐れ縁の仲。
学業に青春に訓練にと、それなりに楽しい毎日を過ごしていた。

ある日。眞柴君がこんな事を言い出した。
「遠藤真帆さんを同じ班に迎えたい。そうすれば俺たちは最強になる!」
って。

無口で影が薄くて学園の中では目立たない存在の【遠藤 真帆】さん。
眞柴君の言う最強が何なのかは知らないけど、友達が少なそうな真帆さんを誘ってあげるのは、いつも寂しそうにしてる真帆さんにとっても良いことだと思ったあたしは、眞柴君の相談を快く後ろ押しした。
……でも……
目立たない生徒の一人だと思ってた真帆さんは、実は知らない人の方が少ない有名人だったの。
あたしは親友から、“真帆さんの犯した大罪の噂”を聞いてしまって……

東都防衛学院の日常の一幕。
主人公の三琴が見た【眞柴 想一】【遠藤 真帆】【一三四 善司】の三人が紡ぐ、武装中学生事件までの期間限定友情物語の始まり。

「あの日、あたしたちは、『一緒に笑うこと』を約束した」

■■■補足■■■
主張しておきたいことがあります。「遠藤真帆は私の嫁」です。
嫁が無理なら「娘」で! 娘が無理なら義理の「妹」……(以下略

表紙絵は“コーモ”様(http://p.tl/m/148008)から頂きました。

(C) ENTERBRAIN, INC.
 原案:XXolution project: 武装中学生

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

どらっくまんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント