このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

魔王様はツンデレなり

小説 恋愛 その他

魔王様はツンデレなり

桜花皐月

めちゃくちゃ魔王、ときどきツンデレ

休載中

117ページ

更新:2012/10/07

説明



登場人物

一条青葉(イチジョウアオバ)

速水斗真(ハヤミトウマ)

表紙は、ぼっち天音様[リンク]に書いて頂きました(ψ´ω`)ψ
めっちゃ可愛いです…!!

★★★

「ん」

ぶっきらぼうに差し出されたのは一杯のカフェオレ。

珍しいこともあるもんだ。

マスターこと魔王様が私に自らいれてくれるなんて。明日槍でも降るんじゃないかしら。

というのが顔に出ていたのだろう。

「要らないならいい」

彼は不機嫌そうに下げようとする。

「いります! いります!」

慌てて奪い取り口をつけると香ばしい苦味とミルクの味。この間のアイスコーヒーと違って甘味がある。

美味しい。
ほうっと息を吐き視線を上げたのが失敗だった。

私を見つめる彼の顔があまりにも満足気で、心臓が飛び跳ねる。

魔王がデレた……。

ずるい。
いつもは魔王様なのにこういうときだけ、ずるい。

赤くなった顔を隠すように私が下を向くと

「青葉」

低くて耳で響く声が私の名前を呼んだ。

『青葉』

その瞬間頭をよぎったのは『あの人』の声。

ごめんなさい。私は――

★★

毎日更新する予定です。

閲覧、タグ弄り、お気に入り、しおり、スター、レビュー

すごく喜びますm(_ _)m
妄想力がアップします。

それではお楽しみ下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

桜花皐月さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント