このページのリンクアドレス

エブリスタ
風が吹いた

小説 恋愛 純愛

風が吹いた

lahai_roi

(2)

―明日が来なければいいのにと、いつも思ってた。

完結

911ページ

更新:2014/12/03

説明

謎だらけの先輩は、突然私の生活に入り込んできて。


心だけをかっさらっていった。



もう、忘れた方がいいのかな?


時間は過ぎていく。


『いつか』なんて来ない。


そんなこと、わかってるつもりだ。


だけど、置いてけぼりの心だけが。



あの人を思い出にしないでと泣きじゃくる。







2012.6.28~10.3


_____________________

拙い文章ですが、どうぞ温かい目で見守ってください。閲覧・栞・応援・スター感謝感激します。よろしくお願いします。


12.10.3完結致しました。
修正していく予定なので、時々更新になってしまいます。ご注意ください。



新しく書き始めた小説→【絶対零度の鍵】[リンク]


【不機嫌なアルバトロス】→[リンク]




良かったら覗いてください。





-lahai_roi-

この作品のタグ

作品レビュー

lahai_roiさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント