このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ディファンシンス

小説 ファンタジー

ディファンシンス

カミヤ リン

「俺は必ずディファンシンスになってやらぁ!」

休載中

2ページ

更新:2012/07/21

説明




ディファンシンスとは、
セントリーヌで最高ランクの称号と言われる。












俺の母さんは餓鬼ん頃、悪魔に殺された―――――。




全ての始まりはここから始まった







悪魔退治を専門とする機関
『セントリーヌ』
そこは人間界を悪魔から護るためだけに作られた組織である。



そのセントリーヌに入隊するための養成機関
『セントリーヌ学院』に入学した15才の青年が居る


青井 騎羅(アオイ キラ)


「俺はディファンシンスになるって、あの日決めたんだ!」

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

カミヤ リンさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません