このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

満月の夜桜

小説 ファンタジー

満月の夜桜

‡アゲハ蝶‡

 月がとても輝く夜。桜の木が君に夢を魅せる時間がやって来る。

休載中

60ページ

更新:2015/03/27

説明




 あれは雲一つ無く、満月がとても輝いてた日。月の光りで景色が一層綺麗に見えた日の事。

 師匠からのお使いを終えた私は帰り道に深い霧に惑わされ、見知らぬ土地に辿り着いた。

 そこで私は大きく、綺麗な桜の木を見付けた。樹齢何百年位の太くて立派な木だった。

 ふと、桜の木の傍に桜色とは違う別色の光り輝くモノのが見えた。




 それは銀色に輝く――孤独な『鬼』だった。




   *   *   *

 ・恋愛乙女ゲーム『鬼灯~二藍の刻にひそむ妖~』のオリジナルストーリー。

 ・「鬼灯 ~月夜の桜宵~」のリメイク版になります。構成を一から作ってる為、前作とは話が違います。

 ・恋愛や流血表現等があります。

 ・苦手な方は即刻に夢幻から目覚める事をおすすめします。
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

‡アゲハ蝶‡さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません