このページのリンクアドレス

エブリスタ
P・Sファイリング

小説 ライトノベル

P・Sファイリング

P・Sファイリング

SBR(スバル)

(2)

不思議なパワーストーンを保つ“ファイリング”の少女を護る戦い

完結

225ページ

更新:2014/11/05

説明

 戦闘手として異生物と戦いながら学生生活を送る永瀬秀斗はある日不思議な少女セレスと出逢う。

 ある研究所から逃げてきた彼女を護るため、秀斗は立ち上がる。

 「普通に暮らせるように頑張ろうか」
 「そうだね」
 少年達は自らのイシを胸に戦う。


 学園パワーストーンファンタジーの幕が今あがる!

 2013年3月15日執筆開始
 同年11月1日完成(仮)



 初めて書く小説です。見苦しい点があれば指導お願いします。
 良ければレビュー、ページコメント気軽によろしくお願いします。
(^^*)


 なにゆえ豆腐メンタルなので誹謗中傷はご遠慮願います。



 また、分不相応ながら絵師さんを募集中です。シリーズ物の予定なので長く付き合える方を探しております
( ^-^)人(^^*)
 長々とすみません。少しでもお楽しみ頂ければ幸いです
(●´ω`●)




 ※内容を不定期で訂正する場合があります迷惑をおかけしますが応援よろしくお願いします<(_ _)>

この作品のタグ

作品レビュー

柚木とわ
柚木とわさん
【作品】P・Sファイリングについてのレビュー

ネタバレ

はじめまして。サークルの10ページ読んでレビューから、来ました(*^^*)



いきなりですがレビューさせていただきます。



まず思ったのは、視点が安定しないな、ということでした。



世界観は立っているものがありいいとおもうのですが、せっかくですから主人公目線で書くのか、第三者の目線で書くのか、世界観に合わせて統一をすると尚良いと思います。



視点を変える場合は、場面転換をうまく活用するのもひとつの手です。




それと思ったのは、もう少しスペースを有効活用したほうがいいのかな、ということでした。




文間が詰まっていて、読みにくい印象を受けます。これから手直しするのは大変かと存じますが、最初の数ページだけでもチャレンジしてみてはいかがでしょう。
意図的にやっているんでしたら、動きのある場面と無い場面でスペースの量を変えてみるとか。



主にこの二点が気になったことでしたが、贅沢を言えば動きのある場面の描写がもう少し丁寧でもいいかもしれません。




素人の意見ですので小耳に挟むくらいの気持ちできいていただけたらと思います。



では、失礼しました<(_ _)>

もっと見る

2013/11/04 21:08
コメント(1)

SBR(スバル)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません