このページのリンクアドレス

エブリスタ
水色銀杏~図書室の扉を開けたから

小説 恋愛 実話

水色銀杏~図書室の扉を開けたから

夏野友央

限度のないイジメを二人で乗り越えた、雅也と瞳の純愛小説。

完結

123ページ

更新:2013/02/03

説明

 中学二年の夏休み明け、雅也はイジメを受けそうになったクラスメイトをかばったら、今度は雅也自身がイジメのターゲットになってしまった。雅也に対するイジメは限度なくエスカレートし、休み時間、教室にいられなくなった雅也は、昼休みは図書室に避難して、そこで過ごすことになった。その図書室で、一学年上の同じくイジメを受けている瞳と出会い、恋仲になる。二人に対するイジメはさらに限度なくエスカレートしていくが、純愛の力によってお互い支え合い、そのままだと自殺しかとる道がないようなひどい状態にたくましく立ち向かっていった、雅也と瞳の純愛物語。実際のモデルあり。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

夏野友央さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント