このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ミスティック・ウォーリアーズ

小説 ファンタジー

ミスティック・ウォーリアーズ

ミートマン

(2)

血塗られた中の神秘そんなものそ存在するのか?おれは、後悔している。

休載中

14ページ

更新:2013/04/03

説明

ミスティックゲームと言う名の、ゲームかさえわからない殺しあいの中で楽園拓也は何を見て何を感じるのか?

「刺激」を求めていたゲーム中毒の楽園に舞い降りた非現実的な「ミスティックゲーム」へのチケット。

楽園はなにも知らずにゲームの世界へ入り込んでしまう…

その先に楽園は何を見るのか?

-------------------------------------------------------




ほんとに稚拙で趣味程度の作品ですが毎日少しずつ更新しようと思います。


まだ試作段階、ゲームで言うβテストみたいなかんじなので誤字脱字はもちろん、内容についての改善点とか
ナレーターと一人称の思考をどう書けば分かりやすいかなど具体的なアドバイスがあればありがたいです。

最高な作品目指したいので何卒よろしくお願いします!!


しつこいようですが、内容についての口出しもお願いしますね♪
その意見を大幅に採用する場合は提案者との共同作品という形にさせていただきます。


※作者が留年しそうな高校生のため、適当になってしまう部分があると思います。そんなときはコメントで喝いれてください。できれば中傷ではなく具体的に教えていただけると幸いです。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント