このページのリンクアドレス

エブリスタ
戦隊モノでグリーンが主役になるのは可能か

小説 ライトノベル

戦隊モノ

戦隊モノでグリーンが主役になるのは可能か

Ao

(4)

地味少年を襲う謎の動悸

完結

220ページ

更新:2014/03/25

説明


一巻[リンク]

三巻[リンク]

「俺は、必ずこの試練を乗り越えて見せる……! そう、皆で笑える明日の為に!」

 愛する人を傷付けない為なら、毒だって食らうことが出来る! リア充レッド!

「キサマの攻撃は見切った……そう言った筈だが? ふん、ま、まあ、先程までと比べて少しはマシになったようだがなっ! あくまで少し、だがな! 自惚れるなよ!」

 眼鏡でマントで恥ずかしがり屋! ツンデレブルー!

「ここまでみたいだねー。あーあ、もう終わりかぁ」

 敵も味方も纏めてぶっ飛ばす! スマイルイエロー!

「勇太郎っ! えへへ、これ、お弁当作ってみたんだ!」

 愛する人の為なら、未知の技術だって取り入れちゃう! スイーツ(笑)ピンク!

「……このトラウマを乗り越えないと、俺は前に進めないんだよ」

 ジミドリワカメ!

 個性の強いキャラの中で、主人公(緑)は主役の座を掴み取れるのか!?


「コイツら結構すげぇ容姿だよなー。原色ってなんだよこれウケるんですけど」

「眼帯と王冠なんていうとんでもファッションのお前には言われたくないだろうな」

まさかのあのキャラ達も登場!?

※この作品概要は、一部本編の内容とは異なる場合があります※

illustration 彼岸ロージ様

二巻完結記念イベント[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

蟻沢夕暮
蟻沢夕暮さん
【作品】戦隊モノについてのレビュー

イラスト・総合デザインの彼岸ロージです。
戦隊モノの魅力については書ききれないのですが、ちょっとだけ。
 
【キャラクター】
特撮ヒーローの「グリーン」が主人公である物語は「戦隊モノ」だけ!
正直にいえば現段階では主人公・葉月に特徴や長所は見当たらない。
本人が自己嫌悪するくらい「中途半端」だったり「物足りない」という部分が目立つ。
 
それでも容赦なくレッドはカッコイイし目立つ、ブルーは強いし冷静、イエローは明るく万能キャラ、とても葉月が「主役」を名乗れる環境ではないかもしれない。
 
でもタイトルにあるのは「主役になるのは可能か」
つまり「不可能」ではなく、ある種の賭けに似た「可能性」
読者はいつの間にか葉月にイライラしながら、時々ハラハラしながら、でもほっとけなくて、そして目が離せなくなる。
その成長をぜひ見てほしいとおもいました。
 
【構成】
視点が変わることは自然な流れなので全くきになりません。
むしろ心情表現がとても秀逸で、葉月以外のキャラの視点になることにより人間関係や展開をより楽しめることとなるでしょう。
ただし、やや性急な部分、中だるみする部分もあります、しかしセリフの整理などでいくらでも修正可能であり、話の流れとしては悪くないとも感じます。

【文章】
言葉選びにセンスを感じます。
くどくもなく、簡素すぎるわけでもなく。
欲を言えば「決定的な口調の書き分け」が欲しいと思いました。
一人称や セリフの特徴など。(おれ、オレ、俺、俺様、ボク、僕、私、わたし、あたし、わたくし等)
モブはともかく、メイン(5~10人)が魅力的なだけに個性、それぞれの意志、戦うスタイルをより対照的であり三すくみのような関係性にすることにより短所も長所も表現できると思っております。
 
文章全体は非常に読みやすいですし、かっこいい言葉、難しい言葉もあり 読んでいて気持ちがいいです。雰囲気や心情は流石だと思いました。
 
 
もう書き切れない……!!!
とにかく星5つじゃたりません!これからも読者・イラスト担当として心より応援しております!
 
彼岸ロージ

もっと見る

2013/07/05 22:35
コメント

Aoさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント