このページのリンクアドレス

エブリスタ
レジオネール戦記・序編

小説 SF

社会ミリタリー・レジオネール戦記

レジオネール戦記・序編

三浦ミラウ将軍様【LEGEND+++3】

(9)

レジオネール戦記・本編少し手前の話

完結

170ページ

更新:2017/04/30

説明

Speculative Fiction
社会ミリタリー

本編-1 読みやすくするため行間整理をしました。
2014スマホ大賞・最終選考作品
[リンク]本編はこちら

[リンク]三浦ミラウの小説一覧


ページ:170ページ
しおり数:2,054枚
閲覧数:27,368回
応援数:28,319回
スター数:9,385回
2016/3/19

しおり数:2,958枚
閲覧数:34,284回
応援数:31,063回
スター数:10,199回
2017/4/27

「よくもまあこんな無茶を押し付ける」
「なんだ、不満か?」
「いいえ、嬉しすぎて涙が出ますよ」
「苦難が恋人とは立派になったな。ハードルを上げてやろう」
「慎んでお受けしましょう――」
七万五千
 世界は理不尽に満ちている。紛争が絶えず、産まれては死ぬ定め。一部の先進国では過去の話であっても、多くの国では未だにこれが現実である。
 最初はそんなつもりはなかった。いつしか己が為すべきことを知る。年長者から若者へ、志が受け継がれて行く。

 島龍之介のレジオネールとしての手記ベース。本編を割り増しで楽しめます、きっと。文体がちょっと違うので別冊処理しました。
 一部をカットして全年齢対応になってますが、そこをそのまま削除表記で置いてあります。見苦しい点はごめんなさい。

この作品のタグ

作品レビュー

快紗瑠
快紗瑠さん
【作品】レジオネールについてのレビュー

ネタバレ

 戦争や宗教、そして政治。
 世界各国で実際に起きている重いテーマを用いているだけに、専門的な用語や知識があちこちに含まれているにも関わらず、それがナチュラルに読めるのは、作者の文章力のなせる業だと感心しました。

 これもみな、主人公である、限りなく一般peopleな大学生である島君の視点で描かれ、初っ端の衝撃的な島君の騙され入隊シーンに始まり、読者も島君になりきって、悪態をつき、哀しみ、成長し、意識が変化していくのを体感できるからではないでしょうか。

それだけ、描写が細かく、それでいて、「俺は、これだけの知識を持っているんだ!凄いだろう!!」という、戦争や軍事ものにありがちなドヤさ加減がなく、あくまでも、主人公が目にし、感じたものを描いているような、臨場感あふれる文章だからこそだと思います。

 しっかし。
 これ、本当に10代の方が書かれているのでしょうか?

 と、疑うほどの内容。

 まだまだ序章なのに、濃い。

 濃すぎます!

 これは映像で是非観たい。

 
 レジオネール戦記はシリーズものですが、まずは、島君がいかようにして、戦士になったのかが描かれている序編。

 これを見ずして、レジオネールは語れない!
 戦争物が苦手な人でも、映画を見ているような感覚で楽しめる作品。

 是非、皆さんに読んで頂きたいと感じました。

もっと見る

2015/12/28 09:29
コメント

三浦ミラウ将軍様【LEGEND+++3】さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント