このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

未来永劫に…

小説 歴史・時代

未来永劫に…

藜-rei-

至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり。

休載中

46ページ

更新:2014/12/08

説明



*内容を少し変更させて頂きました。









たいていの人は災難は乗り越えられる。本当に人を試したかったら、権力を与えてみることだ



私の歩みは遅いが、歩んだ道を引き返すことはない



準備しておこう。チャンスはいつか訪れるものだ




何歳まで生きたかは重要ではない。いかにして生きたかが重要だ




人は、なろうと決意した分だけ幸せになれる




待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである




喋り続けて疑いを晴らすより、黙り続けて蔑みを受けよ




木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やす




他人の自由を否定する者は、自らも自由になる資格はない




正義をかちとるためには、銃弾(バレット)ではなく投票(バロット)が必要です




しっかり心に決めれば、それだけで目的は半分達成されたも同然である




誰かが成功をおさめることが出来たということは、他の人にも同じ事ができるという証明である




あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ




そのことはできる、それをやる、と決断せよ。それからその方法を見つけるのだ




今日の責任から逃れることが出来たとしても、明日の責任からは逃れることは出来ない





この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

藜-rei-さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません