このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

第1話

小説 ファンタジー

グラディウス -蒼き戦士-

第1話

らいじゃく

初投稿作品かつ初執筆作品となります。

休載中

2ページ

更新:2013/08/03

説明

~あらすじ~

毎日の同じような生活に飽き飽きしていた主人公。
そんな日々を送っていた主人公にある日ちょっとした変化が訪れる。
『声』が聞こえるのだ。それも耳から聞こえるわけでもなく、頭に直接語り掛けてくるような。
麻瑠子は『声』の正体を探すべく山の中へと入っていくが、山にある崖から誰かに突き落とされてしまう。

「――!!」

迫ってくるごつごつとした岩肌に麻瑠子は目をつぶり死を確信した。
―が、次の瞬間一瞬不思議な感覚に陥ったかと思うと、おいおいと茂った木々に囲まれていた。
(さっきまでいた山の雰囲気とは違う。それにさっき崖から落ちたはずじゃあ…。)
「これはいったい…」

―ガサ

「―!! だっ誰かいるのかっ!?」

グルル

木陰から出てきたのは見たことのない生物だった。そう、マンガやゲームに出てくるようなモンスター。
最初はゆっくりだったモンスターの歩調がだんだんと速くなり、麻瑠子へと向かっていく。
先ほど感じた死の恐怖が再び主人公を襲う。
「やめっ――」

ザシュ

主人公の目の前には女の子が立っていた。
その子の前には首を切り落とされたモンスター。

「あなた、危ないところだったわね」

主人公の平凡だった日々はここから変わり始めた―



初投稿作品です!
頑張って書いていきたいと思っています。
本作はいわゆるトリップものの学園ファンタジーものです(笑)
文法や語彙が変なのは重々承知しております(笑)
あまりにもおかしいのであればご指摘お願いいたします。
少しでも読んでいただければ幸いです!

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません