このページのリンクアドレス

エブリスタ
勝殺のターンエンド

小説 ライトノベル

勝殺のターンエンド【二人の術士】

勝殺のターンエンド

けろぴー゚ょん(雨蛙ミドリ)

(2)

大切な者を守る為、私は敵側に協力する道を選んだ……。

完結

612ページ

更新:2015/05/17

説明

戦導勝術士(センドウショウジュツシ)

それは名の通り、戦闘を勝利に導く術士の事を意味する。

それは大地の神、ライア・メイアに選ばれし者。

その力は絶大。

戦争はお互いの国の戦導勝術士の力のぶつかり合いといっても過言ではない。

何故人は争うのか?

理想の求めあい?

私の祖国、ジエルも隣国ラディアンと戦争中だった。

その戦いの最中、私は相手方の戦導勝術士を助けてしまった……。

そのせいで私の軍は大敗。

裏切り者の汚名を背負った私を待ち受けていたのは過酷な運命だった……。

【表紙イラスト】
瑠璃さんが描いてくださりました(^ω^)ありがとうございます!

イラスト集[リンク]

【同じ物語を別視点から読みたい方はこちらもどうぞ↓】
アスラ編[リンク]


【5月17日】
誤字二つ修正しました。指摘ありがとうございます!

この作品のタグ

作品レビュー

けろぴー゚ょん(雨蛙ミドリ)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

この作品の参加イベント