このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

第1話

小説 ライトノベル

破壊の侵略者

第1話

バスタ

人間の中でも底辺の種族にあるニート。

人間の中でも最恐の部類にあるヤクザ。

人間の中でも..

休載中

7ページ

更新:2013/11/13

説明

人間の中でも底辺の種族にあるニート。

人間の中でも最恐の部類にあるヤクザ。

人間の中でも最低の部類にある不良。

人間の中でも普通の部類にある一般人。

人間の中でも人気の部類にあるアイドル。

彼達は運命に導かれるままに生きた結果、自分の生き方に間違いを感じる。

直後に舞い降りる破壊の侵略者達。

宇宙人かも人間かもわからない侵略者に彼達はどう立ち向かうのか。

人類の歴史や生きてきた意味が、真理が、どれだけ自分にとって無意味な出来事だとしても、彼達は無意味に等しい小さな力で、世界の真理に立ち向かう事など出来るのだろうか。

無意味こそが有意義という事を彼達は真理に刻み込む事が出来るのだろうか。









世界の真理はされど語る。










この世に存在する全ての出来事に無意味な事などない。全ての事に意味があり、全ての事に必然が存在する。貴方の思う世界こそが貴方自身……と。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

バスタさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません