このページのリンクアドレス

エブリスタ
華がほころぶ

小説 恋愛 学園

華がほころぶ

木通ばらく

(1)

笑い上戸の絵里子は、空腹のヤンキーに恋をした。

完結

199ページ

更新:2013/12/10

説明

口元を覆い、顔をうつむき、肩を震わせる女子、清水絵里子。




端から見たら臆病でコミュニケーション下手な女子だが

実は友人の福田あずさ以外に話せない秘密があった。



「っ…っ…っ…!!」

「…笑いすぎ」



実は、何を見ても笑ってしまう笑い上戸なのである。



そんな絵里子が喧嘩に巻き込まれ、


助けた相手は…凶悪なヤンキー!?



ドタバタはちゃめちゃラブコメディ!


※コメディ要素薄いかもしれません…(^_^;)すみません

この作品のタグ

作品レビュー

木通ばらくさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント