このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

勇者召喚に巻き込まれなかった俺。

小説 ファンタジー

勇者召喚に巻き込まれなかった俺。

べぞあーる

(2)

主人公としての脇役ではなく、脇役としての脇役を書く試み。

休載中

97ページ

更新:2016/02/09

説明

本編が少し堅くてとっつきにくいと言われたので、概要に草生える。


イェーイwwwwゴミクズ底辺の小説漁りにきてる暇人どもみてれぅー?wwwww

脇役もの()だよーwwww一味違う脇役ものだよーwwwwww

好きでしょwwwこういうのwwwww

えwww概要wwwwwとかwwwww無茶wwwwwwwwハッハアァウゥ!ヘッヘエェイ!wwwww

内容まとめることできたら、概要だけで完結不可避wwwwwww

内容をどう捉えるかは知らねwwwwwwwww
なので、暗く静かな環境で読めばいいんじゃないかwwwwwあうあうあー (^p^)

テーマは意味の果ての無意味、すなわち可視的透明を描くことを目的としたwwwww

理想に従い好き勝手書くから、オリジナリティーは保証してやるwwww
読む奴も好き勝手読めばいいwwwww
良し悪しの判断は委ねるwwww
あなたがたは読者として全ての権利を有するwwwwwwwファーwwwwww

他の奴が私と同様の叙述方式を採用しているのを確認はしていないが、所詮この作品もシミュラークルの産物、オリジナルのない模造品と変わることがないかもしれぬwwwwwwww

その場合はモリエールが自身の作品について先立つ他作品と「同工である」と指摘された時の言葉を借りるwwwwwwww

「自分が見つけたものは自分のものと考える」(`・ω・´)キリッ

ほ、ほーっ、ホアアーッ ホアーッwwwwww
殺人的に難解でもなく、肩肘張らずに読める作品ですwwwwwwアッー!www

この作品のタグ

作品レビュー

べぞあーるさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません