粗末でシュガー

小説 ホラー・オカルト

粗末でシュガー

湯之村 悟

短編集

連載中

141ページ

更新:2017/03/20

説明

「跳躍」(完)
 それは、闇夜に浮かぶ卵形の奇々怪々。

「ミステリートレイン壱」(未)
 邂逅と回顧。

「ギニーピック」(完)
 意味深長な障子の影法師が、漫ろに人差し指を舐めさせる。

「空をも奪う」(未)
 夢に生きる。

「生の欲動」(完)
 三十七キロを背負う。

「アークティックモンキーズ」(未)
 腐った町の腐った人々。

「未必の故意」(完)
 
「SU」(完)
 アイズワイドシャット。

「道化のガイダンス」(完)
 疎むな、啜れ。

「デブは乗るな!」(完)
 垢にまみれた取っ手。

「ナイトズーラシア」(未)

「ラビットヒート」(完)
 赤い綸子を着崩す。

「シーラカンス」(完)

「顔のない男」(完)

「号外」(完)
「変身」(完)

「払い屋」(完)

「連鎖」(完)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

湯之村 悟さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません