このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

BRAINコネクト【連載中】

小説 ライトノベル

BRAINコネクト

BRAINコネクト【連載中】

滝口 峻

 ――この世界は、情報の結晶体だ。
 脳が視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚、所謂「五感」によ..

休載中

19ページ

更新:2016/05/03

説明

 ――この世界は、情報の結晶体だ。
 脳が視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚、所謂「五感」によって識別した「情報」の集合体。そして、それによって初めて人間は、そこに世界があることを認知できる。

 ――故に我は問う。
 今見ているこの世界は――現実か?


 時代は近未来――そこで生まれた「BRAINアーツ」と呼ばれる特殊細胞。
 全ての人間は、それを体内に取り入れ、脳を開化させた。
 街は、BRAINアーツで視覚化されたARによって綺麗に飾られ、人間の生活はより豊かに、快適なものになっていった――かのように思われた。

 ――この世界は、変貌した。
 人は脳の情報処理速度「スペック」によってランク付けされ、差別されるようになる。

 レベルが高ければ、どんな者でも優遇され、逆に低ければ、愚弄され、地に追いやられる。レベルが全て、そんな冷たい世界へと変わっていった――。

 きっかけは、政府が始めた殺人政策――「レベル1掃討作戦」

 主人公、「神童尚也」は、レベル1掃討作戦によって両親を、友人を次々と失っていく。持ち前の才能「プログラミング技術」で何とか生き延びる主人公の前に現れたのは、一人の少女。

 そして、彼女の所属する対政府組織「GENESIS」のリーダー風間慎太朗と共に、政府に対抗するべく戦うことを決意する――。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

滝口 峻さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント