このページのリンクアドレス

エブリスタ
箱の中身は……

小説 ホラー・オカルト

恐怖のかたち

箱の中身は……

鞘瓜

(7)

恐怖とはかたち無く、あやふやな存在である

完結

7ページ

更新:2015/06/01

説明

人には恐怖という感情がある


例えばそこに箱があったとしよう


そこには何か入っている。しかし中を見るための穴はなく、確かめるにはふたを開けるしかない……


中身は何なのか、それも分からない。大事なものかがらくたか、見てはいけない物か、それとも空っぽか。いや空っぽにしてもそれはそう見えるだけで、何か得体のしれないものが入っているのではないか……?


さて、箱の中には何が入っているでしょうか……?

この作品のタグ

作品レビュー

鞘瓜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント