このページのリンクアドレス

エブリスタ
ひよこ

小説 ホラー・オカルト

特別付録誌マクベス (シリーズ)

ひよこ

松本けむり

(7)

『特別付録紙マクベス②』※①を読まなくても大丈夫です。独立した内容です。

完結

14ページ

更新:2016/08/30

説明


目を凝らすと「妖」 はある。

※あとがきの後に、宜しければ。[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

彩葉
彩葉さん
【作品】ひよこについてのレビュー

ネタバレ

実は、結構前に読ませていただいていたのですが、そのときには時間がなく、改めて読ませてもらいました。

《ひよこ》というお題。どんな妖になるのだろう?

そう思いながら読み始めると、物語はオカルトを扱う新聞社の部署から始まり、ひよこのお化けでも出るのではないかというイメージを抱いてしまいます。
しかし、お話が進むにつれ、話は違う方向へと導かれていきます。

はい、見事に騙されてしまいました。

太古の遺跡には、当時の技術では成し得ないようなミステリアスな事実がありますよね。
東西南北がきちんと分かっていたり。
手術を行っていたり。
そういうものと同じような雰囲気。
ミステリアスな雰囲気を醸し出しています。

鶏が先か、卵が先か。
という話題はよく聞く話題ではありますが、そこにひよこが先という発想を持ってきたのは、独自性があってとてもいいなと思いました。

この世界で、鶏肉は後何年食べれるんだろう?
鶏肉に代わる肉って何なんだろう?
ワニ?ダチョウ?カンガルー?トド?
意外に珍しい食肉って多いので、何かがメジャー化するかもしれないですね。
それも、次第になくなってしまうんでしょうか。

++++++++++

レビューのお礼として、書かせていただこうと思って読み始めたのですが。
そうでなくても、レビューしたいと思うくらい惹きこまれました。
この世界に住んでいたとして、オカルトとか苦手なので、マクベスを購読することはなかったかもしれないですが、マクベス編集部のやり取りはとても楽しく、雰囲気を楽しむことができました。
また、シリーズでありながら、前作を読んでいなくても読みやすいように配慮されていて、前作を読んでみたいとも思わせる構成だったと思います。

イベント作品がいろいろ落ち着いたら、読んでみようかなと思いました。

もっと見る

2015/07/12 08:25
コメント(3)

松本けむりさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント