このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

第1話

小説 ファンタジー

妖刀奇譚

第1話

翌檜

平成生まれの『観える』女子高生と平安生まれの喋る太刀のお話

休載中

150ページ

更新:2015/06/06

説明


骨董品店を営む祖父と暮らす思葉は『観える』女子高生


しかし観えるのは霊的なものではなかった


そんな彼女のもとにある日、廃神社に残されていた太刀が引き取られる


刃こぼれしていないのが奇跡なほど古いその太刀は、魂と『霧雨玖皎』の名を持つ妖刀だった



「おい小娘、おれの声が聴こえるのか?」


「うそ、あんた喋れるの?」



妙に人間臭い妖刀と過ごすなか、店に更に厄介な物が預けられてしまう


巻き込まれていく思葉の運命は……




「大丈夫、幽霊は死んだ人間だから生きた人間より強いわけがないよ」


「何言ってるんだ、相手は人間じゃないぞ。ついでに言うと死んでもいないからな」


「えっ」




女子高生×日本刀の 現代和風ファンタジー



*エブリスタでは初めまして作品です、よろしくお願いします♪*

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません