このページのリンクアドレス

ヘタレなオレの救世日記Ⅲ

小説 ファンタジー

ヘタレなオレの救世日記Ⅲ

ヘタレなオレの救世日記Ⅲ

時也

(12)

真っ白に燃え尽きたよ………………

連載中

405ページ

更新:2017/02/23

説明

試験期間

それは全ての学生に訪れる試練。

またの名を、不眠期間とも言う。

この期間だけは普段は不真面目な学生さえも焦るのだ。

ヤバイ、単位がヤバイ!!と

そして奔走する。

持てる全ての人脈を駆使した過去問集め。

それを解いた者の解答。

誰も解けないならば、恥を堪えて教授に聞きに行きあわよくばテストの傾向を探る。

そのように努力した者だけが至れるのだ。

単位取得者に。



…………………はい、どう見てもクソ大学生です。

テスト一週間前にしか焦らないクソ野郎です。

でもね、皆そうだから。

どうせ勉強なんてしてないから。

だがしかし、私はここで言いたい。

言い訳ではなく、一人の生徒として言いたい。


量子力学3は無理です。


ふざけるな。

マジでふざけるな。

何だこの科目は。

散乱?

摂動?

グリーン関数?

相対的量子論?

分かるかバーカ!!!!


こちとら偏微分方程式も怪しいアホ大学生だぞ!!

オレをこの道に誘った自称量子力学得意な友人も爆死したわ!!

テスト開始30分で皆ニッコニコの笑顔で退出して行ったわ!!

晴れやかな顔だったね、うん!


時間項を含むグリーン関数の導出とか止めて下さいよ。

レポート用紙2枚は使う内容じゃん…………回答用紙1枚なのなさぁ。


唯一の救いは、絶対評価ではなく相対評価な所ですよね。

もし絶対評価だったら皆仲良くお手て繋いでFでしたよ。



本編には関係無いので、作者の愚痴はここまでにしておきましょう。

最後に一言、学生の皆様にアドバイスを。


勉強は早い内からやりましょう(今更)


この作品のタグ

作品レビュー

時也さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません